メルマガ登録いただいた方には、1時間無料でギターレッスンさせていただいてます!

早死にする天才 〜天才は夭命〜

イヌパワー龍之介ですどうも。三十路の超新星です。

カートコバーンの命日を知っているか。

94年4月5日だそうだ。調べた。

ジムモリソンの命日を知っているか。

71年7月3日だそうだ。これも調べた。

ジミヘンドリックスの命日を知っているか。

70年9月18日だそうだ。そりゃあ、調べた。

僕の知人の知人は2009年の夏頃亡くなった。

日付はわからなかった。

この人たちに共通している数字がある。

みんな27歳で亡くなった。

僕は厨二病(俺は天才で世の中に飛び立っていくんだっていう感じになる

男子が誰しも通るあの感じ)が遅くて、17~18の頃が正にど真ん中だった。

当時僕はロックのことしか考えられなかったから、自分が27歳になるまでに

たくさん歌を世に出してそして然るべく死に方をするんだ、と思っていた。

世代的に、エルレガーデンの細美さんやバンプオブチキンの藤原さんに憧れた。
彼らは中卒でバンドで大成功を収めているから、当時高校生だった自分が
すでにコンプレックスだった。
逆の意味で。漫画BECKのコユキにも。

…だいぶきつい過去である。

結局、27の歳になると、死ぬのなんて、そりゃあ怖くなる。

まだ何もやっていないんだから。

何も残してないんだから。

一生懸命サラリーマンやってるんだから。

気づけば30だ。

ここからの10年は本当にあっという間だと歳上の人たちは口を揃えて言う。

ほっとけよ、と思うが、大丈夫です。

もし僕40までに何も世の中に残せていなかったら、然るべき死に方をするんで。

いや嘘ですよそりゃ。

40付近になったら死ぬのやだ、まだ生きてたいって思うよ絶対。

なんだかんだで、そう簡単に死ねないように出来てるよ。生きようとするよ。

もし死んでもいいや、って思える日が来るのであれば、

それは至上の人生なんだろうか。

全てやった。燃やし尽くした。やり残したことなどないと自信を持って言える日が来たら。

そんな日はあるんだろうか。

冒頭に例に出した彼らは、

自殺した人も入っている。

おそらくなんだが、もう役目を終えたんだろう。

自分でもそう感じていたんだろう。

「天才は夭命(ようめい)(*注釈あり)」なんて言うが、

僕たちには想像もし得ないとんでもない濃密な27年間を過ごし、

そして人間の限界を超えたものを残し、ステージから去ったのだろうと。

そんな風に感じる。

なんて、まだ一生懸命生きてもない人間が、死について考えるのは少し早すぎただろうか。

こんな話をすると、生きたくても生きられない人もいるのにとか比較しだす奴がいる。

その比較、失礼じゃないか?その生きたくても生きられない方に。

前提がなんもかも違う、その方は我々他人には想像もし得ない地獄を耐えてきている。

誇りを持って今生きられている。

僕だってそうだ。

死ぬ気で生きて来た。

必死だ。

ふと、疲れが、諦めが、頭を支配する瞬間がある。

その時にマイナスになるなと言われたら、違和感がある。


なぜ頑張るのかは、誰も教えてくれない。

なぜ生きないといけないのか、誰も教えてくれない。


その答え合わせに、宗教や神話の世界が存在する。


人間とは本当に不確かで不完全な生き物で、

心の拠り所がないと、自分を保って生きていけない。


今の僕はどうだ。


今のあなたはどうだろう。



生きているか。

命を燃やしているか。



燃やさなくても、いずれ不燃物処理されることになっているのが

人間としての業なのかむしろ徳なのかは分からん。



価値を与える人間になれたら、心の拠り所を論じる必要がなくなるんではないだろうか、

ぼんやり見えているがまだ体現できていない。


「楽しみにしていてくれ」と自分に敢えて言ってみる。

きっとそのステージまで、たどり着いてみせる。



少しずつ、エネルギーが、自分を、自分の今と未来を変えるエネルギーが、

作られていっている、気がする。



と、いうことにしている。

いいじゃない、「ということ」でも。



今日はなぜかロックな気分だったから、ロックの偉人に思いを馳せてみた。



こんな日にはウイスキーでも嗜みたくなる。

お世話になっている先輩にいただいた山崎が喉を潜っていく。

遮蔽物がないのか。淀みなく。



酒ではなく自分に酔ってるだけだが、まあカッコつけて

モチベーションが上がるならむしろプラスということで許してくれ笑



ごめんな肝臓。



皆んなは、「早死にした天才」って考えた時に誰を思い浮かべるだろうか。

コメント欄で教えて欲しい。もちろんその人たちが27歳じゃなくても全然OK



*注釈

夭命:若死にすること。短命であること。

あなたの心の栄養、あります。

最近、熱くなれていますか?
最近、青春していますか?

30歳でもう一度青春を始められめた
僕が断言します。

【青春に、年齢制限も回数制限もない】
(そう言う記事も書いていますが)

そう、要するにですね、

【メルマガ始めました】

その名も

【イヌパワー龍之介の、魂のメールマガジン】

うん、長いすよね。
薄々気づいてたんですけど止まらなくて。

~本気のかけらを隠し持つあなたへ~

~昔くべた「まき」から未だにわずかでも
煙が上がり持て余しているあなたへ~

あなたの心の栄養、
処方して、ございます。
(注:本当のお薬は売れません。例えです)

ブログ記事には
書ききれないことをメインに、
元気にパワフルになっていただける
内容です!!

気になった方は、響いた方は、
こちらからお待ちしてます!
リンクになってるのでそのまま飛べます!
https://my81p.com/p/r/iX9cL6nN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

inupower29
初めまして、イヌパワー龍之介です。 何一つ長続きしないゆとり世代ど真ん中、 鬱を3回拗らせて家に引きこもりやっと出たと思ったら上辺だけの人間関係に疲れ果て、 勢いで会社を辞め独立し個人で仕事をするも鳴かず飛ばず。 何の資格も持っていない私が再就職も満足にできるわけもなく、、、 師匠との出会いをきっかけに月収200万を 達成する未完の物語。 ストーリーの続きはあなたと描く! 横浜育ちの私が気づけばカナダにいたり、 中国にいたり、とにもかくにも神出鬼没のイヌパワー。 とにかく直感だけで生きてきた私が、 自らの未来の価値に気づき本質的な意味での 「学び」の凄さを知った。 様々な経験を糧に、「共感のプロ」であり「情報発信のプロ」として成長し、誰もが自分と自分の未来の価値に気づくための、共に学び合える「豊育」の学び舎を作りたい。 そして、親友との約束を果たすために。 ブログに書いていないことはメルマガで!!