メルマガ登録いただいた方には、1時間無料でギターレッスンさせていただいてます!

今すぐマスクをつけてでも「散歩」すべき3つの理由  〜散歩ってすんごいのよ。いや本当に。騙されたと思って1日30分、できれば1時間だけやってみて、人生変わるマジで〜

長い。サブタイトルが。

どうも、毎度おさわがせしております三十路のハイカラおじ…お兄さんことイヌパワー龍之介です。



まあ、確かに自粛中ですよね。

人混みは避けるべきです。

未だに店に並ぶ列を成す日本人の「行列好き」には、確かに狂気すら感じます。


しかし、しかしです。

完全に外界と遮断しちゃダメですやっぱり。



「歩く」

人間が言葉を扱うより遥か昔から行ってきたあまりにも根源的な行動。

これほど万能な健康法、エネルギー醸成法があったとは。

僕恥ずかしながら、齢30にして初めて「ビビビ!!!」と理解できました。



少し前談を。



ここ最近、自身が住むマンションの一室において騒音問題に悩まされ全く眠れておりませんでした。

人間、眠れないとイライラが止まらず、攻撃的になります。

与える思考はどこにいったんや、という情けない精神状態です。


これは、エネルギーがとんでもなく奪われている、あるいは失われている状態です。

早急に解決が必要。



僕このところ、エネルギーを作る手段として、入浴や食事(自炊)、音声教材等から学習を行っていて、これでもかなりエネルギーに満ちていると自信がありました。


しかし、たった1つ「睡眠」が奪われるだけでこれほどまでに落ち込んでしまうのです。人間とはかくも弱っちい。いや、まとめてしまってごめんなさい。「僕」が弱いのです。



そうだ、そういえば最近運動不足だと、ふと思い出し、とった行動は「散歩」。



さあ、本題にいこう。

近所の公園よりもう少し遠くにある公園に向かって、昼下がりの福岡市を闊歩し始めました。


公園につき、まずは菅原道真公に参拝。僕の宗教観は一般的ななんちゃって仏教的な感じ。

「神様にはお願いじゃなくお礼を言うといい」と19歳のころに読んだ「夢を叶えるゾウ」の教えの通り、一通りお礼。

(これも先に与える側になろう思考ですね、今考えると)


そしてそれなりの高度に展望台があるとわかり、ぐんぐんと登って行く。

風は意外に涼しい、というか寒さが優勢。



なぜ歩くのが体によいのか。

①答えの多くは足の裏にある。(綺麗ですよ。僕のは)



足の裏のツボには、それはそれは身体中の臓器とほぼ直結しているツボだらけです。


日本人も、そこそこ昔は裸足で外を歩いていたわけです。ですから臓器は健康だったわけです。従って心も健康。体の健康のために心の健康が必須、逆もし然りというわけです。

(もちろん西洋医学の導入、手術という進歩以前なので寿命は現在より短いですが)


靴、靴下と、まあ現代では拘束具が必須ですが、それでも歩くとそれだけ人間の体の安定につながるわけです。



お次に、日光。

これも非常に意味がある。

キーワードは自律神経。


日光は人間の自立神経を整えてくれ、自然な睡眠に誘ってくれる。また、セロトニンという脳内物質(聞いたことある人も多いかな)が分泌され、自然と前向きな気持ちになれる。




③さらには、森林浴。(近くに自然豊かな場所がある必要はあるが)



これはもはや説明するまでもないかもしれませんが、木々の中でする深呼吸は本当に気持ちがいいです。

光合成したての新鮮な酸素を、少しずつ血液の中に溶かしていく、この感覚は特に自粛自粛そして自粛の現状に鬱屈させられてしまった僕の心まで、思い込みもありきで洗ってくれる。




不思議なもので、生活のことでエネルギーを奪われていたはずだったのですが、2時間ばかり歩いた後の方がよっぽど元気になってしまいました。

この感覚は子どもの頃以来かもしれません。

暫時、童心に戻った感覚は筆舌に尽くしがたいものがありました。

子どもころは、この感覚を理屈ではない部分でわかっていたのかもしれません。



ふと、立ち止まり今までの人生を、主には20代の自分を反芻し始める。



……………

僕は、元来圧倒的に感情的な、直情的な人間だ。ノリで色んな国に行ったり、独立したり。思いついたらすぐ行動の人生だった。


しかし、同時に中途半端に頭が回るので損をしていた気がしていた。直情的な感覚を、文字に起こして論理的に解釈しようと試みるのだ。

まあ、損というかそういう、言葉でいろいろ考えるのがそもそも好きなだけというか。

この前後が、他人だけじゃなく、自分すら振り回してたように思える。


しかし人間の行動原理は、先に感情で動いて後から論理で納得するものだ。ある意味、誰よりも人間臭いのかもしれない。


……………

僕はこれが、実はずっと今のこの時のために練習していたのだ、気づかされました。


僕が、本当に良いとおもうものに巡り合うための行動を常にし続ける。

その結果、チャレンジした結果の直情を、誰かに伝わりやすい優しい言葉に起こして伝える。

でもそれは押し付けではなく、本当にその人が必要な、理解できる形にその都度変えながら、伝える。



それがもっともっと、もっと、本当にもっと出来る様になれば、僕はもう一生、誰かのために、自分のために、エネルギーを発信し続けられる気がします。



ですから僕は、今後今の10倍、行動チャレンジ実践ありきの人間でい続けます。

行動しない人間の話って、なんにも面白くありませんよね。

行動し続けたって、僕の話しは千人に一人にも響かないでしょうけどね。

でもその千分の一の方は、僕とともに、恐らくとんでもない共鳴を起こしていけます。

それは、日本を変える力にもなり得ます。

教育という一方通行ではない、お互いを是とした前提で議論し共に学び合う場所や考え方や人、国。

そういったものを増やし、日本のスタンダートを世界の人とも共有し合い、逆に輸入もする。


いやいや、まずは、自分の歴史と未来に革命を起こします。それも、実践ですね。



散歩していたら、皆さんにも「人生の意味が分かった日曜日(スピッツ風)」が、ひょいっと顔を覗かせてくる、かもしれません。笑



なんというかエネルギーが下がった結果、それを取り戻すための行動がはっきり実施できて、そして下がった分の反動で倍増するという最高のサイクルに至ってしまったため、気持ちの乗ったまま文にせねば!と思い、筆もといキーボードを叩きまくった次第です。



今後とも、イヌパワー龍之介の冒険譚、進化論に、ぜひお付き合いください。重ねてよろしくお願い致します。


違うなあ、違いますね。



この記事を見てくださった、すべての方に「ありがとうございます」を届けたいです。

いつも読んでいただいている方も、初めて読んでいただけた方も問わず。



対面なんかむずかしければ、お電話で。

それも億劫なら、メールで。

手紙でもいいですが住所が割れるのは嫌ですよね。笑 

手段はなんでもいいや。


とにかく、本当にありがとうございます。


ぜひぜひ、メール(inupa.29@gmail.com)やツイッター(https://twitter.com/inupower29)のDM等いただければ、

「愚痴とにかく聞きます!券」をプレゼントします。完全に思いつきですがどうですかこれ 笑



ぜひ、皆様のお散歩話、お聞きしたいです。

それでは。




あ。

そういえば、サムネイルの画像は、頂上まで1時間弱かけて登った景色です。


高ければ高い壁のほうが、登った時気持ちいいもんな。(ミスチルの終わりなき旅引用)

あなたの心の栄養、あります。

最近、熱くなれていますか?
最近、青春していますか?

30歳でもう一度青春を始められめた
僕が断言します。

【青春に、年齢制限も回数制限もない】
(そう言う記事も書いていますが)

そう、要するにですね、

【メルマガ始めました】

その名も

【イヌパワー龍之介の、魂のメールマガジン】

うん、長いすよね。
薄々気づいてたんですけど止まらなくて。

~本気のかけらを隠し持つあなたへ~

~昔くべた「まき」から未だにわずかでも
煙が上がり持て余しているあなたへ~

あなたの心の栄養、
処方して、ございます。
(注:本当のお薬は売れません。例えです)

ブログ記事には
書ききれないことをメインに、
元気にパワフルになっていただける
内容です!!

気になった方は、響いた方は、
こちらからお待ちしてます!
リンクになってるのでそのまま飛べます!
https://my81p.com/p/r/iX9cL6nN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

inupower29
初めまして、イヌパワー龍之介です。 何一つ長続きしないゆとり世代ど真ん中、 鬱を3回拗らせて家に引きこもりやっと出たと思ったら上辺だけの人間関係に疲れ果て、 勢いで会社を辞め独立し個人で仕事をするも鳴かず飛ばず。 何の資格も持っていない私が再就職も満足にできるわけもなく、、、 師匠との出会いをきっかけに月収200万を 達成する未完の物語。 ストーリーの続きはあなたと描く! 横浜育ちの私が気づけばカナダにいたり、 中国にいたり、とにもかくにも神出鬼没のイヌパワー。 とにかく直感だけで生きてきた私が、 自らの未来の価値に気づき本質的な意味での 「学び」の凄さを知った。 様々な経験を糧に、「共感のプロ」であり「情報発信のプロ」として成長し、誰もが自分と自分の未来の価値に気づくための、共に学び合える「豊育」の学び舎を作りたい。 そして、親友との約束を果たすために。 ブログに書いていないことはメルマガで!!