メルマガ登録いただいた方には、1時間無料でギターレッスンさせていただいてます!

ボールペン跡が落ちないYシャツ

こんにちは、イヌパワー龍之介です。

今回のテーマは「執着」について。 



僕も昨年までは長年サラリーマンをやっていたのでそりゃあYシャツをいくつか持ってたんですよ。

オフィスワークメインで、よくノートとボールペンも使っていたんですが、ふとした時にシャツにボールペンがついちゃったんですよね。

目立つかどうか微妙〜なライン。

「まあいいか」と僕そのまま使っていたんです。



これ。

これがね、よくなかったんです。



販売営業ではなかったんですが、対外的なマネジメントや交渉をする役職。

Yシャツが大事じゃないわけないのに目立たないからとついないがしろにしていたんです。


これはなぜか。

僕が当時まだ使えると「執着」していたから。

言い換えると、循環をさせていかなかったから。


ものを粗末にしようという話ではありません。まだ使えたり修理して使えるものはそうすべき。

でも、経験したことある方は共感していただけると思うのですが、あれ、まったく落ちないですよね。笑



Yシャツ、まあ確かにお金かかりますが数千円でしょう。

でも僕はもったいないという思いで「執着」したんです。


思い起こしてみたら、当時僕は無精髭をそのままにしていたり寝癖をそのまんんまにしていたりしていました。

真面目さとか別にこだわりないんですけど、スタンスが、誰かに価値提供しよう、エネルギーを循環させようという思いがありませんでした。

とにかく9時間とか耐えて、悪くない給料もらえればいいや、というのが100%偽りのないモチベーションでした。



この「循環」というのは本当に大切で、お金もエネルギーも情報も思いも、循環させないと滞って腐ってしまいます。

特に僕はその意識が薄く、だから高々Yシャツですが、循環でなく執着して手元に置いていたのです。(独立してから、感謝しつつ処分しましたが笑)



「執着」は、僕たちの進化と成長を強く妨げます。

人間は、動物としての本能として新しい考え方や経験をするのを躊躇するようにできています。



聞き馴染みのあるかたもいると思いますが「コンフォートゾーン」というやつです。

人間、精神的に成長しようというタイミングで必ず「元に戻ろうとする力」が強く働きます。

別れた元彼氏/彼女が忘れらないとか、このコミュニティなんかエネルギー奪われるな、と思ってるのに損得で考えてまだ付き合い残しておこうとか、部屋すっきりさせたいと思ってるのにもったいなくて捨てられないとか、例を挙げればキリがないですね。


今挙げた例の根幹は「もったいない」から来る「執着」です。

僕たち人間は成長しかけては、元に戻ってを繰り返す生き物です。

折れない勇気とか、強い意志とか、明晰な頭脳とか、そういったものは確かに必要だけど一朝一夕には身につきません。

しかし、捨てる勇気は、本気になれば誰にでもできるはずです。



僕は、捨てるのが最近楽しくなっています。

捨てる前に吟味はしますけどね笑



もったいない、で捨てずに置いているもの、ありませんか?

あなたの心の栄養、あります。

最近、熱くなれていますか?
最近、青春していますか?

30歳でもう一度青春を始められめた
僕が断言します。

【青春に、年齢制限も回数制限もない】
(そう言う記事も書いていますが)

そう、要するにですね、

【メルマガ始めました】

その名も

【イヌパワー龍之介の、魂のメールマガジン】

うん、長いすよね。
薄々気づいてたんですけど止まらなくて。

~本気のかけらを隠し持つあなたへ~

~昔くべた「まき」から未だにわずかでも
煙が上がり持て余しているあなたへ~

あなたの心の栄養、
処方して、ございます。
(注:本当のお薬は売れません。例えです)

ブログ記事には
書ききれないことをメインに、
元気にパワフルになっていただける
内容です!!

気になった方は、響いた方は、
こちらからお待ちしてます!
リンクになってるのでそのまま飛べます!
https://my81p.com/p/r/iX9cL6nN

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ABOUT US

inupower29
初めまして、イヌパワー龍之介です。 何一つ長続きしないゆとり世代ど真ん中、 鬱を3回拗らせて家に引きこもりやっと出たと思ったら上辺だけの人間関係に疲れ果て、 勢いで会社を辞め独立し個人で仕事をするも鳴かず飛ばず。 何の資格も持っていない私が再就職も満足にできるわけもなく、、、 師匠との出会いをきっかけに月収200万を 達成する未完の物語。 ストーリーの続きはあなたと描く! 横浜育ちの私が気づけばカナダにいたり、 中国にいたり、とにもかくにも神出鬼没のイヌパワー。 とにかく直感だけで生きてきた私が、 自らの未来の価値に気づき本質的な意味での 「学び」の凄さを知った。 様々な経験を糧に、「共感のプロ」であり「情報発信のプロ」として成長し、誰もが自分と自分の未来の価値に気づくための、共に学び合える「豊育」の学び舎を作りたい。 そして、親友との約束を果たすために。 ブログに書いていないことはメルマガで!!