メルマガ登録いただいた方には、1時間無料でギターレッスンさせていただいてます!

身近な人ほど蔑ろにしていないか 〜感謝は巡ってくる〜

こんにちは!イヌパワー龍之介です!
最近謎の胸の痛みにヒヤヒヤしています。

みなさま、いかがお過ごしでしょうか。

僕はというと、改めて

【感謝】

の大切さを痛感したので
この記事を書こうと思いました。

きっかけは地元の友達との通話

つい、昨日の話です。

15年来の付き合いになる地元の同級生数人が熱海で
コテージを借りてワイワイと飲み会をしていました。
僕は参加できなかったのですが、「リモートで参加しろよ!」と
言ってくれたのでZoomを繋いで参加。

お酒も進んだ頃、
ふと仕事の話になりました。

僕は今明確なカテゴリをできるような働き方をしていません。
そのため、情報発信だよ、ネットビジネスだよ、ファン化に繋がればいいな
みたいな、非常に曖昧な回答をしてしまいました。

画面越しにもびみょ〜〜〜うな空気が伝わってきました。

そしてこれは昨日初めて知ったのですが、
Zoomって、時間制限があるんですね。

「最悪」なタイミングで通話が強制終了笑

なぜパッとしない答え方をしたのか

気を遣う仲でもない。
それでも少しでも良く思われたい

「虚栄心」

が、まだ心の中に沢山あったのか
と落ち込んでしまったのです。

また、もしかして自分のビジネスに自信が持てていない、
あるいは頭の中で考えがまとまっていないのか…?

ますますネガティブになりました。

渡部さんとの通話

これまた15年来の、お世話になっている先輩がいます。

名を渡部さんと言います。
(↓↓ツイッターのリンク、ぜひ覗いてください)
https://twitter.com/WatanabeShinta3

渡部さんは大学を卒業後単身中国に渡り
今や某中国大手企業の副社長にまで登り詰めた、結構やばい人です。
ああ見えてまだ34歳です。写真撮っておけばよかった。
僕は渡部さんとはバイト先で出会いました。

ずっと仲良くしてもらっています。

つい先日、情報発信などコラボしようとお誘いいただいていたのですが
僕がそれを聞いた際に諸々の理由であまり気乗りせずお断りをしていました。

しかし先ほどの地元の友人との通話で落ちていた僕は
いてもたってもいられず、すぐさまW氏に電話をかけてしまいました。
(ちなみに今も隔週くらいで通話する仲ですが 笑)

渡部さんの器

断りを入れていたのにも関わらず通話すること自体も
快く受け入れてくれました。

彼は想像以上に僕のことをよくわかっていました。
内容によっては、僕よりも僕を知っていました。

渡部さんには予てから今のビジネスの話しも共有しているのですが

「何でも屋じゃん、そう言っときゃいいんじゃないの」

「いつか明確な結果がいくつか出たら、そん時自信持って言えばいい」

「その地元の友人達、イヌパワーのことが好きで心配なんだね」

とまあ、これ以上ない的確なアドバイスをくれました。

その通りです。
みんなただ単純に僕のことを心配してくれているだけです。(多分 笑)

それを、僕がネガティブな気持ちや、まだ自分を見つめきれていない部分があるから
曖昧な回答をしたり、相手の反応に一喜一憂したり。
自分の心を悪い意味で揺さぶったのは明らかに自分です。

端的に的確なアドバイスをくれたこともそうですが、
困った時に側にいてくようとすること、
多少意見の食い違いが過去にあっても
何事もなく話してくれること。

感謝が止みません。

(補足)自分のビジネスについて

そもそも自分としては
「仕事」と「プライベート」を分ける必要がないと思っています。
全てが情報発信に繋がると今本気で考えています。

ですので、まあ確かに論理的な商売の戦略!何を売ってどうする人!
みたいな方が他者から見てわかりやすいのは事実だと思うのですが

何か1つのカテゴリに限定せず、
僕は何にでもなれるはずだし、仮に困ってる人がいてそれを直接助けられなくても
色んなご縁を繋ぐことで解決したりできる、そんな風に思っているわけです。

近い人ほど蔑ろにする日本人

両親。兄弟。親戚。恋人。配偶者。

長い付き合いの親友、先輩。数多の修羅場をくぐって来た同僚。
長く取引してくれているお客さん。

普通の友達。普通の先輩後輩。普通の同僚。

最近友達になった人。隣の部署の先輩後輩。大して仲良くない知人。

最近契約いただいたお客様。

クレーマー。

 

いかがでしょうか。

ざっくり、自分と他者との関係性を示すワードを
ざーっと並べてみました。

皆さんの周りにも、まあだいたいここに書かれた人たちは
いると思います。

下側の人にばかり、時間と気持ちを使っていませんか?

上側の人に、最近ちゃんと「ありがとう」を伝えましたか?

つい忙しくなって、何かに集中して周りが見えなくなると、
人は近い人を雑に扱いがちです。
どうもこれは特に日本人に多い気がします。(あくまで個人の意見)

これは無意識にその人を信用しているから。
その人なら簡単に自分から離れないだろうと思っているから。
しかしそれが都合のいい解釈に変わり、感謝を伝えない
理由にしては元も子もありません。

僕が、まさにそうでした。

渡部さんに感謝していながら、
理由はあったにせよ誘いをあまりちゃんと話を
詳細まで聞き切らずに断っていました。

また、地元の友人達が心配してくれているということも、
きちんと彼らのために説明する義理を果たしていなかったのかもしれない。

自分の1番のファンに最大の感謝を伝えよう!

ファンビジネスとかどうでもよくて

自分の1番のファンは、親族や配偶者であり、
長い付き合いの親友や長くお付き合いのあるお客さんであったり。

この辺は人によって違うと思います。
家族だから絶対仲がいいとも限らないと思います。

でも間違いなく、この人たちは自分の最大のファンでい続けようとしてくれます。

感謝を伝えるんです。何回でも。

言葉、手紙、もの、LINE、その辺はなんでもいいです。

少しの手間と時間を使って、伝えるんです。

誰にでもファンがいるんです。常に。

そしてその人達の気持ちに背くような義理のないことをしないように
自分も今一度、見つめてまっすぐ背筋を伸ばすきっかけにするんです。

 

渡部さん。ありがとう。
地元の友人達。ありがとう。

たくさん気づきをくれてありがとう。
ファンでいてくれてありがとう。

みんなに背くことのないように
もっともっと成長して学んで、挑戦して、
感謝をみんなに循環させていきます。

 

今回は以上!
ここまで読んでいただいてありがとうございました!

P.S 渡部さんとのコラボが決定

そう、渡部さんとの通話を経て

【やっぱやることにしました笑】

何をするかはもちろんこれから詰めていくのですが
主に目か耳に入れていただく形になるかと思います!

渡部さんとイヌパワーによる、ちょっと他では聞けない話しや

聴くとなぜか元気になる…ようなものになります!自然とそうなる!

ちょっとばかり楽しみにしていてほしい!!

(追記:7月17日、W氏→渡部さんへ表記変更
本人の了承を経て名前を公開)

 

あなたの心の栄養、あります。

最近、熱くなれていますか?
最近、青春していますか?

30歳でもう一度青春を始められめた
僕が断言します。

【青春に、年齢制限も回数制限もない】
(そう言う記事も書いていますが)

そう、要するにですね、

【メルマガ始めました】

その名も

【イヌパワー龍之介の、魂のメールマガジン】

うん、長いすよね。
薄々気づいてたんですけど止まらなくて。

~本気のかけらを隠し持つあなたへ~

~昔くべた「まき」から未だにわずかでも
煙が上がり持て余しているあなたへ~

あなたの心の栄養、
処方して、ございます。
(注:本当のお薬は売れません。例えです)

ブログ記事には
書ききれないことをメインに、
元気にパワフルになっていただける
内容です!!

気になった方は、響いた方は、
こちらからお待ちしてます!
リンクになってるのでそのまま飛べます!
https://my81p.com/p/r/iX9cL6nN

2 件のコメント

  • 「仕事」と「プライベート」を分ける必要がない、これホント賛成です。
    結局行動する身体は1つしかないので、分けても管理する因数が増えるだけで、
    実はあんまり大きなメリットは無いのかなと思っています。
    (もちろん分けることで「気持ちを切り替えられる」ということもあるかもしれませんが…)
    いずれにせよやるのは自分ですから、あまり固執することなく、好きなことをどんどんやっていきましょう!

    • >わたべ様
      コメントありがとうございます!!いつも励みになっております。

      おっしゃる通りです。本当におっしゃる通り。
      会社員時代はこの辺りの認識が難しく愚痴っぽくなっていましたが、
      今のマインドにしてからは何をしていても気づく=学ぶことができるようになりました。

      好きなことを、誰かのためになることをガンガンやっていきましょう!!

  • コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    ABOUT US

    inupower29
    初めまして、イヌパワー龍之介です。 何一つ長続きしないゆとり世代ど真ん中、 鬱を3回拗らせて家に引きこもりやっと出たと思ったら上辺だけの人間関係に疲れ果て、 勢いで会社を辞め独立し個人で仕事をするも鳴かず飛ばず。 何の資格も持っていない私が再就職も満足にできるわけもなく、、、 師匠との出会いをきっかけに月収200万を 達成する未完の物語。 ストーリーの続きはあなたと描く! 横浜育ちの私が気づけばカナダにいたり、 中国にいたり、とにもかくにも神出鬼没のイヌパワー。 とにかく直感だけで生きてきた私が、 自らの未来の価値に気づき本質的な意味での 「学び」の凄さを知った。 様々な経験を糧に、「共感のプロ」であり「情報発信のプロ」として成長し、誰もが自分と自分の未来の価値に気づくための、共に学び合える「豊育」の学び舎を作りたい。 そして、親友との約束を果たすために。 ブログに書いていないことはメルマガで!!